幸せになりたい復縁のコツ
2年半付き合った彼との復縁を成功させたゆかりの復縁ブログです。今頑張ってる人のための応援情報を発信したいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
復縁の相談をして良い相手、してはいけない相手
皆さん、こんにちは。 ゆかりです。

小野田先生のメルマガの中から「復縁の相談をして良い相手、してはいけない相手」
についてお伝えしたいと思います。2回に分けてお伝えします。今日はまず、
「復縁の相談をしてはいけない相手」についてお伝えします。

お友達、ご家族、クラスメイトや同僚など、あなたの周りには様々な方がいらっしゃると思います。

本音を言えるような相手には苦しい胸のうちを聞いてもらいたくなるものでしょうし、

彼と距離が近い方に対しては正直にお気持ちを話していいのか迷ったりもされるでしょう。

実は、ご相談される相手、そして内容に少し気をつけるだけで、

復縁を進めやすくなったり、その逆のことだって起こり得るのです。

是非周りの方々の相関関係を思い描きながらお読みになってみてくださいね。



まず、復縁の相談をしてはいけない相手から考えてみましょう。

これは詳しく分類すると、

・復縁の相談を絶対にしてはいけない相手

・条件付きで、復縁の相談をしても良い相手

この2パターンに分けられます。


復縁の相談を絶対にしてはいけない相手というのは、

『口の軽い方、噂好きな方、彼に好意を寄せている方、自分で道筋を付けたがる方』ですね。

口が軽かったり噂好きな方は、お二人の様子についてある事ない事噂される恐れがあります。

悪意が無くても、噂の内容によっては彼がギクシャクしたものを持ち続けてしまい、

距離がなかなか縮まらないという事が考えられます。

彼に好意を寄せている方は、復縁を邪魔してこようとするかもしれませんよね。

ですから、なるだけ詳しい状況は分からないようにしておくのが1番でしょう。

そして、この中で最も注意しなければならない人物が、自分で道筋を付けたがる方なのです。

この手の方は、「絶対こうしたほうがいいよ!」「こんな風に動いてみなよ!」とアドバイスをくれるのですが、

そのアドバイスを否定したり、実行せずにいようものなら一度に敵になってしまいます。

「良かれと思って言ってあげてるのに!」と思われてしまうと、今度は彼に対し

「あの子は止めたほうがいいよ」「素直じゃない」などと伝えられてしまうという恐ろしい結末が待っているのです。

一見頼りがいがあって協力的に見えるタイプの方なので、よく注意しましょうね。


条件付きで復縁の相談をしても良い相手についてお話すると、

『先走る方、既に彼に好意を抱いていない元彼女さん、こちらより彼と仲の良い方』です。

これらの方に相談をされる時の条件というのは、

「未練はもう無いという前提で相談をする」という事ですね。

これは何故かと言うと、相談している内容が彼に伝わってしまう事を考慮しているのです。

復縁において、彼が未練に応えられる状態でない・彼の心が育っていない状態で未練を見せてしまうのは、

彼にとって負担となってしまい逆に距離を縮めにくくなってしまうものなのですね。

ですから、相談される時にあらかじめ「未練は無い」というスタンスを取っておくと安全なのです。

特に先走る方は、こちらが彼と「ギクシャクの無い友達になりたいと思っている」などと伝えておけば、

未練を見せずに彼と近づくチャンスを勝手に作ってくれたりする事もあります。

逆に、こんなタイプの方に「復縁したい」などと告げれば、彼に伝わってしまい余計ウンザリされてしまう恐れもございますから注意しましょう。


次回は「復縁の相談をして良い相手」についてお伝えしますね♪




↓ブログランキング参加中!是非応援してください!

人気ブログランキングへ

ブログ王ランキングはこちら!






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。